専門的な知識

トイレ

トイレのつまりを自分で直してみる

朝起きて、トイレがつまっていたらとても困ります。そんな時業者に頼んでもよいのですが、先に自分である程度挑戦してみましょう。トイレのつまりの原因は上部のトイレ本体と配管部の場合ががありますがトイレ本体の場合は案外自分でなんとかなるものです。 用意する道具は吸盤式のパイプクリーナーです。それを空気が入らないように吸水口に押しあて引きます。簡単なトイレットペーパーなどのトイレのつまりの場合は案外それでなんとかなるものです。 それでもだめだったら市販のパイプ洗浄剤を投入の上チャレンジしてみます。ある程度時間を置きやってみましょう。 それからトイレの内部にあるものをひっかけてとる道具も市販されています。 それでもだめだったらやはり業者を頼んだほうがよいです。

業者に頼んだ場合の相場について

手ごわいトイレのつまりの場合は業者を利用しなければなりません。排水管自体にトイレのつまりの原因がある場合は、まず便器自体を取り外さなければなりません。そのうえでプロ仕様の強力な薬品で異物を溶かすか、パイプの中に直接道具を使い異物を取り除くか、高圧洗浄機ををつかって異物を流すかをしなければなりません。 大体相場は15000円から30000円くらいになっています。もしトイレが2か所あり、時間的猶予があるのであれば数社見積もりをとって比較するのがよいでしょう。ネットで一括みつもり取れるところがありますので利用してみましょう。 また専門の業者もいいですが、近所の配管専門にやっている業者などに頼んだら相場より割引してやってくれる可能性があります。