リフォームの必要性

男性と女性

リフォーム工事のトレンド

住宅は建築したら後は、そのままでずっといいというわけにはいきません。一般的に住宅は構造的な強度を維持するために、建築後数年おきにリフォーム工事をすることが必要とされています。 戸建ての住宅においては早くて建築後10年ほど経過すると、リフォーム工事が必要となる場合もあり、一般的にリフォームを行う事が多いのは建築後20〜30年ほど経った住宅です。 経年劣化は形あるものにとっては必然的なことであり、仮にリフォーム工事をせずにいると表面的な部分だけでなく、内部の構造的な部分にダメージを与えてしまう事になります。 こうしたリフォーム工事にもトレンドがあって、ここ数年多くなっているのが耐震補強を目的とした工事です。大震災などを経験した結果、人々の防災に対する関心は高まっており、そうした関心を反映する形でこうした傾向があります。

耐震補強の方法について

我が国は立地する国土の特殊性から、地震の多い国であります。統計によればい全世界における一年間で発生した地震のうち、実に約一割が日本において発生しているほどです。 そうした環境にある以上地震対策は必須であり、特に日常を過ごす住宅において耐震性は非常に重要な問題です。 現在建設する住宅には耐震基準を定めてあり、ある程度耐震性を考慮した設計がなされています。しかしこうした耐震基準の適応される以前においては、十分な耐震性を持っていない住宅も多数あるため、耐震補強のリフォーム工事に需要があります。 耐震補強に関しては様々な方法があります。もっとも一般的に行われるのは、外壁の内部の柱の間を筋交いを渡して強度を上げる方法です。 また古い住宅は部材の接合部に金具を用いていないことも多く、こうした部材に新たに金具を用いるのも効果的な補強方法です。 また屋根は軽いほうが安全であるため、瓦を下ろすことも効果的です。