大事な取り組み

男性

変化しつつあるリフォームの費用

建物の悪くなった部分を修繕するというのが、もともとのリフォームの意味でした。 しかし近年では、そうした枠にはおさまらない、別の動機によるリフォームが増えてきています。 新築物件の増加によって、逆に比較的割安な中古物件の市場が注目されるようになり、最近ではリフォームを前提として中古物件を購入するというのも当たり前のことになってきました。 さらには、倉庫や商業ビルのような非住宅を用途変更した賃貸住宅や分譲住宅も、市場に現れてきています。 都心の商業地にあるビルを、建替えることなくリフォームすることで、全体の費用を下げるこうした方法は、新築するよりもはるかに安価ですませることができると人気を呼んでいます。 その一方で、新築よりも安いものの、こうした大規模な改修に後押しされるようなかたちで、リフォーム費用全体は上昇する傾向にあります。

多様化するライフスタイルが後押し

単なる修繕を超えたリフォームが出現するようになったのには、こうした経済的な割安感とともに、住宅への価値観の変化、ライフスタイルの変化などの理由があります。 単純な改造や、部分的なレベルアップを超えた、新しい価値をリフォームに求めるユーザーが増えつつあると言っていいでしょう。 その価値は、たとえば、新築ではなかなか手に入れることができない都心居住であったり、永住を前提としないカジュアルな暮らし方であったり、インテリアに住み手の趣味を反映させることであったりします。 こうした傾向は、かつてのリフォームではあまりみることができなかったものです。 こうした多様化したライフスタイルが、リフォームの普及を強力に後押ししていると考えられます。