修理や交換をする|リフォームを行なうことで劇的に住宅の暮らしやすさが変わります

修理や交換をする

女性

インターホンの調子が悪くなったら

マンションや一戸建てなど、インターホンはたくさんのお宅で利用されています。インターホンは、実際に玄関まで向かわなくても来客と会話をすることができたり、最新のものなら誰が訪問してきたのか画面で確認できるなどの機能が備わっており、大変便利なものです。しかし、音声がノイズまじりでうまく聞こえなかったり、モニターの画面が見えづらい・色がおかしいなど、不具合が起きてしまう場合があります。音声が聞き取りづらいなどの少しの故障でも、多少の不具合だと思って放置してしまうのはやめましょう。インターホンが利用できなくなると、セキュリティ対策の面で大変危険です。なぜ不具合が起きているのかを追及して、しかるべき方法で修理をする必要があります。

修理をする時に知っておきたいこと

インターホンの寿命は15年と言われています。また、生産終了後からあまりにも年月が経過していると、メーカーが修理部品を保有していない可能性が高まり、修理自体ができない場合があります。そのため、インターホンに目立つ不具合が発生していなくても、15年経過していたら修理をしてもらうほうが良いでしょう。種類によって修理対応期間が設定されている場合もありますので、気を付けてください。故障には様々な原因が考えられます。電池切れが最も多い原因と言われています。そのほかに、内部が損傷している場合もあります。屋外で長い間稼働していることがほとんどですから、基盤や配線が損傷している可能性があるのです。いずれにしても、少しでも調子が悪いと感じたら、専門家に見てもらうことが大切です。